安定収入

ハッピーリタイアメント!→ゆったりとしたリゾートライフを実現する方法

秀さん
秀さん
ハッピーリタイアメントをして、のんびりライフの実現に奔走している、大手町勤務の会社員。

リゾートライフを実現し、満喫するためには、安定した収益基盤を確立する必要があります。

収益基盤として考えられることは、

  1. 不動産賃貸収入
  2. REIT・株などの金融商品の配当収入
  3. 自分で事業を立ち上げての事業収入
  4. サイト運営による広告収入

と言ったものが考えられると思います。他にもあるかな?

①不動産賃貸収入

「不動産賃貸収入」は、これまでの資産家の主要な財政基盤であり、これからも重要な財政基盤であり続けることでしょう。

マンション・アパートの賃貸経営

でも不動産経営は、近頃競争が激化しています。不動産の供給量が多くなりすぎています。個人で行う場合、不動産経営の主流は、マンション・アパート経営となりますが、マンション・アパートが現在乱立しているのです。

これからは、立地をよ〜く選んだ上で、建物の内装や造りについてもセンスを磨いた上で不動産経営しないと倒産するリスクがあるので怖いところです。別の視点からいうと、これからは経営破綻する不動産投資家の物件が中古で出回るでしょうから、これらの中古物件に投資するというのも良いと思います。

一般的にいうと、2018年段階において、不動産市場はまだ高値で動いていますが、2018年が最高値の時期と言われています。2019年度以降は不動産価格は落ちていくことでしょう。合わせて、不動産投資に参入してくる投資家も目減りするでしょうし、不動産経営に失敗した素人の個人投資家物件がお手頃価格で出回るはずなのです。

私の予想では、少なくとも2020年ごろからは利回り10%程の、築5年程の中古物件が出回るはずです。個人の素人投資家が建築した物件で、立地が悪いので入居率が悪かったり、賃料を安くしないと入居者が入らない物件が増えてくるはずです。そのような物件を利回り10%位で格安で買うことが出来れば、不動産投資に参入することもありかな?と考えています。

駐車場賃貸経営

マンション・アパート経営以外では、駐車場投資もあります。駐車場経営は物件投資とは異なりメンテナンスが入りません。せいぜい駐車場を掃き掃除するくらいしかメンテナンスが入らないのですが、供給量が少ないのが悩みの種です。

それに、これからは駐車場が減っていくのでは?という予想もあります。自動運転の技術が急速に広がっています。グーグルとかも車産業に参入してきていますし、世界の車メーカー(トヨタも)もこぞって、IT企業と業務提携をしています(2018年段階)。

車のカーシェアリングも進み、また自動運転が進展していることから、個人で車を持つ人が減っていくのでは?と個人的には予想しているのです。

とはいえ、駐車場はたいてい、立地が良い場所にあるので、いざとなったら建物を建築したり、転売したりと業種転換をはかれるのでリスクは少ないと見ているのです。駐車場投資をする機会があれば是非したいものです。

シェアハウス経営

シェアハウスは近年、急激に需給が増えてきた新しめの用途タイプ物件となりますが、シェアハウス経営は手間がかかります。

賃貸物件の賃貸業とは異なり、シェアハウス事業を運営するというオペーレートが必要となりますから、入居者に対するサービス事業と考えていた方が良いでしょう。

オペレートしてくれる事業者を良い発掘できれば良いのでしょうが、何れにしても利回りもそんなに良くないのでは?という感触です。

②REIT・株などの金融商品

REIT

近年では、元金を持っていない普通の人でも「REIT」などの金融商品を通じて不動産賃貸収入を得ることができるようになっています。REITであれば不動産管理を自らする必要がないので、気軽に始めることができる点がメリットです。

REIT投資であれば利回りは2018年段階では3〜4%と考えておきましょう。2019年度以降は利回5〜6%も実現できる時期が来るはずです。リスク分散を考えながら投資したいものです。

REITであれば、価格変動リスクも株ほど激しくありません。一定の枠内での変動幅なので安定して落ち着いて資産運用できるので、僕としてはオススメの収益基盤です。

株投資

株投資も面白いと思うのですが、価格変動が激しいところが個人的には気になります。配当メインであると割りきればいいのでしょうが、これからの時代は価格変動の激しさを示すボラティリティーが大きいと思うのです。

投資信託

株投資の価格変動リスクをヘッジするために投資信託という手もあるのですが、投資信託に手を出すくらいであれば、REIT投資をした方が断然お得だし、リスクヘッジにもなると個人的んは考えています。

③事業経営

リゾートライフを満喫する場合、僕の場合は、会社を早期リタイアすることが大前提となります。現在なんらかの収入基盤を確立中ですが、リスクヘッジのためにも何らかの収入基盤を確保しておきたいものです。

何も堅苦しく考える必要はないと考えています。

僕が現在考えているのは、

  • ダイビングショップ系
  • 旅のガイド
  • 物販事業

といった事業形態です。

④サイト運営による広告収入

現在僕がメイン軸として考えている、リゾートライフを満喫するための収入基盤はサイト運営です。

サイト運営をすることで、収入基盤は無限の広がりを見せると感じています。

でもサイト運営って何?

という人が殆どだと思います。つい最近までは僕もそうでした。

でも僕の理解としては、

「個人的な興味を、深く調べて、コツコツと記録として残していく」
「自分以外の他人にも解りやすく記録しておいて、その人に役立つ情報提供をする」

ということがサイト運営です。

人と社会に役立つ情報を記録しておけば、誰かの役に立ちます。
誰かの役に立てば、自然と繋がりが増えてきます。
繋がりが増えれば、人生が楽しくなります。

サイト運営って魅力的だと思うのです。

収入基盤との観点から見ますと、良いサイト運営をすれば人が集まってきますから、そこにちょっとだけ広告を貼っておくのです。広告事業者の依頼により広告を少ししてあげれば、そこそこの広告収入が手に入る。

どうでしょう?

自分の興味があることを纏めておくだけで、収入基盤が確立されるって、よくありませんか?

私の場合は、リゾートライフを実現するまでの過程と、リゾートライフを手に入れた後の生活を纏めておくことにしました。

楽しみながら収入となるって、何だかいいですからね!